再婚すると支給打切りか 遺族補償年金は妻が受給

2017.07.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 業務災害により死亡した従業員の妻が遺族補償年金を受給しています。この度、再婚するに当たって、諸々の手続きを手助けして欲しいと申し出がありました。遺族補償年金は再婚によって打ち切られることになるのでしょうか。妻には「子」がおり、被災従業員の「母」が存命です。【東京・T生】

A

子や親に「転給」の可能性 年齢に一定要件あり

 遺族補償年金を受け取ることができる遺族の範囲と順位は労災法16条の2で決められています。

 遺族補償年金の受給権を有する遺族が、死亡等により受け取る権利がなくなった場合(失権)には、先順位者から後順位者に引き継がれます。これを「転給」といいます(労災法16条の4)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年8月1日第2287号 掲載
ページトップ