安全スタッフ 2011年1月15日 第2130号

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

特集

徹底してます現場一人KY 「誰一人ケガをさせない工場へ」 三井化学名古屋工場と協力会社

作業者に安全な作業を行ってもらうためには、いかに地道に日々の安全活動を行うかが重要となる。ただ、この地道さが作業者の理解を得られにくく、安全担当者が頭を抱えることも少なくない。三井化学(株)名古屋工場と協力会社の災害防止協議会では、地道ながらも安全の基本といえるKYの重要性を作業者に十分理解させたうえで、「一人KY」を工場内で徹底させることに成功している。職場KYリーダー・サブリーダーも育成、「誰一人ケガをしない工場の実現」に向け歩み続ける。

造船現場サイゼンセン

仲間が協力して若年者教育 チームセーフティⅡ運動を推進 三井造船千葉事業所

三井造船(株)千葉事業所(千葉・市原市)は、平成22年1月からチームセーフティⅡ運動を推進している。リスクアセスメント、KY、ヒヤリ・ハットなど総合的な安全衛生活動と位置づけ、とくに若年者や未熟連者の教育に重点を置くこととした。具体的には、チーム単位で、「安全帯の完全使用」「つり荷下退避」などと毎月の活動テーマを決め、PDCAサイクルを回しながら全員参加で励行するというもの。チーム全員が協力し、若年者や未熟練者をサポートすることで、安全レベルの向上につながったという。

ニュース

・ストレスチェック 面接制度が事業者義務に 不利益取扱い禁止規定盛り込む 安衛法改正を大臣へ建議 厚労省の審議会
・墜落災害防止へ 集中指導を実施 大阪労働局
・建設現場の4割で違反 北海道労働局
・立体交差工事で災防要請 掘削面へ山止め徹底を 東京労働局
・大幅減少実現へ 一丸で取り組む 千葉・船橋
・災害増加し「憂慮すべき事態」に 万全の取組を参加者へ要請 西多摩
・保安中の墜落で 警備会社を送検 淀川労基署

道しるべ

凡事徹底 安全つくり込みの要諦か

年頭メッセージ

平成23年 厚労省 安全衛生部 新年のメッセージ
・面接指導制度を新たに導入/安全衛生部長 平野 良雄
・機械災害防止対策を充実/安全課長 田中 正晴
・足場の墜落防止に万全期す/建設安全対策室長 田中 敏章
・メンヘル対策を総合的支援/労働衛生課長 鈴木 幸雄
・受動喫煙防止へ対策講じる/環境改善室長 亀澤 典子
・合理的に実施可能な管理へ/化学物質対策課長 半田 有通
・基本に忠実なリスク評価を/化学物質評価室長 島田 和彦

会長の言葉

平成23年 主要災防団体 会長の言葉
・安全・健康確保が経営の最重要課題/中央労働災害防止協会 会長 米倉 弘昌
・「死亡災害1日1人以下」の達成を/建設業労働災害防止協会 会長 錢高 一善
・荷役・交通労働災害防止へ新たな取組み/陸上貨物運送事業労働災害防止協会 会長 岡部 正彦

トップ&キーマンいんたびゅう

安全は愚直なまでの「改善思考」で/大和ハウス工業株式会社 代表取締役専務執行役員 技術本部長 西村 達志

社労士が教える労災認定の境界線

第97回 翌日の準備を忘れ会社に戻り、暗い倉庫内でつまずき負傷
/中小企業福祉事業団幹事 山下労務管理事務所 所長 山下 充晃

ドキュメント!メタボ指導―腹山課長の半年間―

第16回 腹山課長、停滞期に入るの巻/(株)マベリックトランスナショナル 管理栄養士 小澤 絵美

うんちく歳時記

第2回 東風吹かば…/建設業労働災害防止協会 セーフティ エキスパート 中込 平一郎

KY演習 危険はどこに潜んでますか?

第2回 状況:「地面掘削中のひとコマ。複数の人が作業を行っています」
/監修:山室ウェルビーイングコンサルタントオフィス 所長 山室 栄三

お薦めの一冊

手元にあれば安心 『コピーで使える様式集 労働安全衛生法』(三信図書刊)

安衛法・はじめの1歩

第73講 特定自主検査/国際産業労働調査研究センター 代表 木村 大樹

アンゼン・わーど 

第26回 出題:正木ノリオ

走れ!安全くん

第24話 公衆災害は絶対に阻止!/画・松沢秀和

裁判例が語る安全衛生最新事情

第121回 陸上自衛隊・和歌山駐屯地事件 業務執行中の殺人と使用者(国) の責任 和歌山地裁平成18年7月18日判決
/弁護士 外井 浩志

送検事例

爆発災害防止の規程定めず 神奈川・横浜南労働基準監督署

実務相談室

<労災>副業の賃金で給付計算か アルバイト中に負傷した
<労基>業種により36協定不要か 建設業は残業制限ないが
<健保>予防接種の費用どうなる 入院中に希望した場合
<厚年>遺族基礎年金も5年間? 有期の規定存在するか
<育介>看護休暇は按分で付与か 2人目生まれ10日へ増加
<交通>休業損害を会社が立替? 損保から一部しか戻らない
<安全>安全教育は社内がよいか 外部機関へ任せきりだが

イチからカクニン安衛法

快適職場の認定 特例メリットの要件にも

安全スタッフ 第2130号 (2011年01月15日号)

安全スタッフのバックナンバー

ページトップ