【平成23年 厚生労働省安全衛生部 新年のメッセージ】機械災害防止対策を充実/田中 正晴

2011.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平成23年の年頭に当たり、謹んでお慶びを申し上げます。旧年中は労働安全行政の推進に格別のご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 我が国における労働災害は事業場における労使協調した労働災害防止活動の展開により長期的には減少してきています。2009年については、いわゆるリーマンショックに始まる経済活動の停滞も影響していると思われますが、1075人と前年の1268人から15%の大幅な減少となりました。遺憾ながら、2010年については、11月末現在で、982人の方が亡くなられており、これは前年に比べて124人、14.5%増加している状況です。特に、昨年夏の猛暑による熱中症、貨物トラックの交通事故等によるものが目立ちました。

 このため、厚生労働省では、「死亡災害の増加に対応した労働災害防止緊急対策」を実施し、各事業者団体各位にも取組みを要請したところです。…

執筆:安全課長 田中 正晴

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年1月15日第2130号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ