【平成23年 厚生労働省安全衛生部 新年のメッセージ】受動喫煙防止へ対策講じる/亀澤 典子

2011.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 わが国の職業性疾病による被災者は平成21年は7491人と、依然として多くの労働者が被災している状況です。また、受動喫煙対策など、労働衛生行政における新たな課題も生じてきております。

 職場における受動喫煙防止対策については、平成21年以降、労働者の健康障害防止の観点にたった対策のあり方について検討を進め、この検討会の結果を踏まえ、昨年は、労政審安衛分科会においてご議論いただいたところです。この検討結果を踏まえ、必要な対策を講じてまいりたいと考えています。…

執筆:環境改善室長 亀澤 典子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年1月15日第2130号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ