【平成23年 主要災防団体会長の言葉】荷役・交通労働災害防止へ新たな取組み/岡部 正彦

2011.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 陸運業における労働災害は、会員事業場のたゆまぬ安全・健康の取組により、長期的には減少の傾向にあります。しかしながら、平成22年は、交通労働災害を中心に死亡者数が前年に比べ急増いたしました。このため緊急対策として労働災害防止の様々な取組強化を図り、陸運業における死亡災害の急増には一定の歯止めがかかりましたが、それでも大幅な増加となる見込みです。

 新しい年を迎え、陸運業における労働災害の絶滅を目指し、昨年増加した死亡災害を大幅な減少に転じさせるとともに、残り2年となった「陸上貨物運送事業労働災害防止5か年計画」(平成20年度~24年度)の目標達成に向けて、決意を新たに労働災害防止の取組みを積極的に展開してまいりたいと存じます。…

執筆:陸上貨物運送事業労働災害防止協会 会長 岡部 正彦

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年1月15日第2130号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ