墜落災害防止へ 集中指導を実施 大阪労働局

2011.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局(西岸正人局長)は昨年12月、建設業の墜落・転落防止強調期間として集中的な指導を実施した。工事が集中する年末時期を捉え、労働災害防止対策徹底を図ったもの。

 大阪府内13の労働基準監督署が建災防大阪支部、発注機関と連携して現場のパトロール指導したほか、約200現場への一斉監督指導と安全研修会を開催した。パトロールでは直接作業者にリーフレットを配布するなどして、墜落・転落災害の防止を呼びかけた。

平成23年1月15日第2130号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。