『働き方改革 悩める管理職への“道具術”』の連載記事

2019.12.12 【労働新聞】
【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第23回 効率的で多様な人材育成(上) 特性踏まえた指導を タイプ別に要因把握し/金津 健治 NEW

出発点 傾聴進めて“突破口”に  部下を指導育成するうえで欠かせないスキルとして、傾聴スキルが挙げられる。話を聴き、状況を理解し、信頼関係を築くことは、適切に指導育成するのに役立つ。  とはいえ、実際の職場では、話を聴くだけで指導育成ができるわけではない。なかには話を聴き出すことすら困難な部下もいて、「話すことは別にありません」などといわ……[続きを読む]

2019.12.05 【労働新聞】
【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第22回 意欲を保つ動機付け手法(下) 変化知り資源活かす 予期せぬ出来事を転機へ/金津 健治 NEW

出発点 高ストレスが停滞招く  社員の働きやすい職場をつくることは大切だが、その働きやすさを打ち壊す出来事に遭遇することもある。不本意な配置転換や肉親の死などだ。これらライフイベント(人生の出来事)は、厚労省もストレス度合いが高いとホームページで警鐘を鳴らしている。  具体的な対処法を教えてほしい、とある精密機器メーカーから依頼された。「……[続きを読む]

2019.11.28 【労働新聞】
【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第21回 意欲を保つ動機付け手法(上) 効用気付く一言を 仕事・目標の割振り時 4視点で事前準備し/金津 健治

出発点 要求だけでは不満募る  ある管理職から、以下のような悩みを聞かされたことがある。「上からの働き方改革の要請が強く、現在は手早く仕事を進めざるを得ません。昔は丁寧に仕事の重要性を説き、そのうえで部下へ指示することに努めていましたが、今は納期とアウトプットを指示するだけです。部下の不満そうな顔をみるのはつらいのですが、仕方がありません……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第20回 評価に対する納得性確保(2) 5つの目的果たす 中間面談は段取りで推進/金津 健治

出発点 期末前に“遅れ”把握を  管理職の業務が増えてくると、人事評価や部下指導がおろそかにされかねない。部下の働きぶりが把握されないばかりか、期中に目標を軌道修正したり、達成の遅れが見込まれる場合に支援するようなことも行われなくなる。あるいは、そうした遅れにすら気付かない事態も予想される。  管理職としては、せめて期末を迎える前にはこう……[続きを読む]

2019.11.14 【労働新聞】
【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第19回 評価に対する納得性確保(1) 7つの証を裏付けに 同行営業や改善前撮影で/金津 健治

出発点 多面的に働きぶり把握  働き方改革にも光と影がある。たとえば、在宅勤務制度のおかげで介護などの諸事情に対処しながら働けるようになったのは、光である。一方で管理職である課長層からすれば、部下と接する機会が減ってしまい、人事考課の納得性確保が困難になった点は、影である。  とはいえ、目が届かない部下に対する評価の問題は、以前から生じて……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ