【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第5回 仕事・目標・課題の割振り(4) 自身の有事に備える 補佐分担表で代役立て/金津 健治

2019.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

出発点

部下の業務も担うなら

 「これ以上、部下に残業はさせられない。私がやるしかない」と管理職が部下の業務を代行することが避けられなくなっている。管理職とはプレイングマネジャーであり、「部下の業務を代行することも容認される」のであれば、管理職自身の役割・業務のあり方にもメスを入れざるを得まい。

 それを可能にするのが、必要に応じて管理職を補佐する仕掛けであり、そのためのツールが「管理職の役割・業務補佐分担表」(別表)である。…

筆者:マネジメントユースウェア研究所 代表 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月5日第3219号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ