【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第23回 効率的で多様な人材育成(上) 特性踏まえた指導を タイプ別に要因把握し/金津 健治

2019.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

出発点

傾聴進めて“突破口”に

 部下を指導育成するうえで欠かせないスキルとして、傾聴スキルが挙げられる。話を聴き、状況を理解し、信頼関係を築くことは、適切に指導育成するのに役立つ。

 とはいえ、実際の職場では、話を聴くだけで指導育成ができるわけではない。なかには話を聴き出すことすら困難な部下もいて、「話すことは別にありません」などといわれてしまう。あるいは定年後再雇用の部下ともなれば、「以前の私の上司だ。指導なんて無理だ」と声をかけることすらためらいがちになる。

 その他にも、指示をしなければ動かない部下など、職場には様ざまな特性を持つ人材がいる。上司である管理職からすれば、特性に合わせてどのように指導育成をしたら良いのか、戸惑うのが正直なところであろう。指導育成の突破口になる取組みとして、今回は社員の特性に合わせた指導法について紹介したい。…

筆者:マネジメントユースウェア研究所 代表 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年12月16日第3237号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ