【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第14回 円滑な業務支える情報共有(2) 担当業務を自己PR 指導・支援し合う職場へ/金津 健治

2019.10.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

出発点

無関心では成長望めず

 一人ひとりの社員が仕事の幅を広げ、互いに指導・支援し合うならば、仕事を進めるやり方を共有することができる。ところが現実には、「あの仕事はやりたくない」、「興味がない」などと幅を広げるのに否定的な社員もいる。

 かつて、大手エアラインの人事課長が、「互いの仕事が分からないようでは、成長は望めない。今後は月例会議の時間を15分割き、仕事経験を紹介し合おう!」と部下に呼びかけた。その結果、部下は互いの仕事に興味を持つようになり、社員間で交流が進み、知見の伝承にもつながっていった。

 その際に用いられたツールが、今回取り上げる「担当業務紹介シート」(別表)である。各人に自らの経験と現在の主な業務を記してもらい、蓄積したノウハウの共有化を進める。課長クラスが中心となって、職場で活用する方法を紹介する。…

筆者:マネジメントユースウェア研究所 代表 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年10月14日第3228号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ