『今週の注目資料』の連載記事

2019.07.11 【労働新聞】
【今週の注目資料】ものづくり産業における技能継承の現状と課題(JILPT) NEW

「正確な作業の技」を重視  調査では、従業員数30人以上の5867社から回答を得た(有効回収率29.3%)。  継承する必要のある知識・スキルを尋ねると(複数回答)、最多は「正確・精緻に作業できる技」68.6%だった。「トラブルや突発的なことが起きた時に対応できる力」65.8%、「加工・作業方法を応用するなど創意工夫できる力」61.5%が……[続きを読む]

2019.07.04 【労働新聞】
【今週の注目資料】労働経済動向調査(2019年5月)(厚労省) 

2割弱大学卒採用増やす  2020年新規学卒者の採用予定者数を19年に比べて増やすとした事業所の割合は、大学卒・文科系が17%、大学卒・理科系が18%、高校卒が26%だった。同順で、前年同月より2ポイント、3ポイント、2ポイント減少した。一方、「減少」としたのは、同順で、4%、3%、4%である。  「増加」と答えた事業所に理由を尋ねると(……[続きを読む]

2019.06.27 【労働新聞】
【今週の注目資料】毎月勤労統計調査 平成30年度分結果確報(厚労省)

1%減で実労働約141時間  平成30年度の現金給与総額は、32万2692円だった。前年度に比べ、0.9%増加している。きまって支給する給与は26万4247円で、このうち所定内給与が24万4397円、所定外給与が1万9850円である。賞与など特別に支払われた給与は、5万8445円だった。  27年平均を100とする賃金指数でみると、現金給……[続きを読む]

2019.06.20 【労働新聞】
【今週の注目資料】労働力調査(詳細集計) 2019年1~3月期平均(速報)結果(総務省)

非正規は雇用者中38.5%  2019年1~3月における正規の職員・従業員は3457万人で、前年同期に比べ、34万人増加した。17期連続の増加となっている。  非正規の職員・従業員は、同45万人増加の2162万人で、27期連続の増加だった。役員を除く雇用者に占める割合は、38.5%となり、5期連続増加した。  非正規の職員・従業員について……[続きを読む]

2019.06.13 【労働新聞】
【今週の注目資料】平成31年3月新規高等学校卒業者の就職状況(文部科学省)

就職率98.2%に上る  平成31年3月末時点における高等学校の新規卒業者は105万6847人(対前年同期比4647人減)、うち就職希望者は18万7342人(同373人減)だった。  就職希望者のうち、就職者は18万3891人(同203人減)で、就職率は98.2%(同0.1ポイント増)となっている。22年3月末の91.6%から一貫して増加……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ