『今週の注目資料』の連載記事

2022.08.04 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和3年労働安全衛生調査(実態調査)(厚労省)

メンタル不調の休業増  調査は、常用労働者を10人以上雇用している事業所から無作為に抽出した1万4000事業所を対象に行った。  令和2年11月~3年10月の1年間にメンタルヘルス不調によって連続1カ月以上休業または退職した労働者がいた事業所の割合は10.1%、前年比0.9ポイント増加した。休業については8.8%(前年比1.0ポイント増)……[続きを読む]

2022.07.28 【労働新聞】
【今週の注目資料】生産性課題に関するビジネスパーソンの意識調査(日本生産性本部)

「無駄な業務」を問題視  従業員数300人以上の組織で働くビジネスパーソン2,746人を対象に、2022年4~5月にインターネット調査を実施した。内訳は、執行役員などの「経営層・経営幹部」546人、部長・課長などの「管理職」1,100人、係長・主任などの「非管理職」1,100人となっている。  日本の時間当たり労働生産性が他の先進国と比べ……[続きを読む]

2022.07.21 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和3年高齢者雇用状況等報告の集計結果(厚労省)

25%が70歳就業確保済  高年齢者の雇用確保措置などについて、従業員21人以上の企業、23万2059社からの報告に基づき、令和3年6月時点での実施状況をまとめた。  令和3年4月から努力義務とされた70歳までの就業確保措置は、全体の25.6%に当たる5万9377社が実施済みとした。大企業では17.8%、中小企業では26.2%となっている……[続きを読む]

2022.07.14 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和3年度ハローワークを通じた障害者の職業紹介状況(厚労省)

精神障害者の就職増加  令和3年度のハローワークを通じた障害者の新規求職申込件数は22万3985件で、対前年度比5.7%増と、コロナ禍以前の水準(令和元年度22万3229件)を上回った。就職件数は、9万6180件で、前年度の8万9840件から7.1%増と、求職申込件数の伸びを上回る勢い。ただし、前年度はリーマン・ショック以降増加を続けてい……[続きを読む]

2022.07.07 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和3年労働組合活動等に関する実態調査(厚労省)

5割超で賃金制度改定  昨年6月末時点の状況について、5,083の労働組合に調査票を配布し、3,319組合から有効回答を得た。労使関係の維持については「安定的」と認識している組合が92.9%(前年比3.0ポイント増)だった。  正社員の賃金・退職給付制度について、過去1年間に改定・導入された事項として最も多かったのは「賃金制度の改定」で、……[続きを読む]

連載名で検索する

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。