『今週の注目資料』の連載記事

2021.08.05 【労働新聞】
【今週の注目資料】年次有給休暇の取得に関するアンケート調査(JILPT) NEW

意見聴取は「口頭」が6割  調査は昨年1~2月に実施し、全国の従業員30人以上の企業から5738票、調査対象企業で雇用されている労働者から1万5297票の有効回答を得た。  年次有給休暇の年間5日取得義務化によって、今まで取得できていなかった従業員が取得できるようになったとした企業は7割に上った。労働者調査でも約半数を占めている。  使用……[続きを読む]

2021.07.21 【労働新聞】
【今週の注目資料】2020年度版 トラック運送事業の賃金・労働時間等の調査(全ト協)

所定外8.4時間減る  調査は令和2年9~10月に実施し、1018社から回答を得た。同年7~9月の1カ月当たりの平均賃金や福利厚生の状況を調べている。  全職種平均の1カ月当たりの労働時間は、所定内が162.2時間、所定外が35.2時間だった。前年結果と比べて順に2.3時間減、8.4時間減となっている。年間実労働時間は2265.1時間で、……[続きを読む]

2021.07.15 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和2年度 ハローワークを通じた障害者の職業紹介状況(厚労省)

就職件数12年ぶりに減少  障害者の就職件数は8万9840件で、前年度から12.9%減少した。障害者就職件数の減少は、平成20年度以来の12年ぶりとなる。新規求職申込件数は21万1926件(対前年度比5.1%減)で、21年ぶりに減少した。  障害者専用の求人件数を産業別でみると卸売業・小売業2万6609件(同1万1185件減)、製造業1万……[続きを読む]

2021.07.08 【労働新聞】
【今週の注目資料】令和2年度 石綿による疾病の労災保険給付請求・決定状況(速報値)(厚労省)

請求は前年比116件減少  肺がん、中皮腫、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚の労災保険請求件数は1088件で、前年度から116件減少している。支給決定件数は1014件だった。最も請求が多かったのは中皮腫で、617件となっている。次いで、肺がん407件、びまん性胸膜肥厚44件、良性石綿胸水20件と続いている。  業種別の支給決定状況では、建設……[続きを読む]

2021.07.01 【労働新聞】
【今週の注目資料】コロナ禍における非正規雇用者の実態と意識に関する調査2021(連合)

今後は「賃金」優先して  調査は今年5月、全国の非正規雇用者1000人から回答を得た。  新型コロナウイルス感染拡大前に優先したいと思っていた労働条件について聞くと、「勤務時間・労働日数」が最も高く51.8%だった。一方、今後優先したい労働条件では「賃金」が最も高く、59.9%に上っている。次いで、「勤務時間・労働日数」55.1%、「業務……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ