【今週の注目資料】令和3年高齢者雇用状況等報告の集計結果(厚労省)

2022.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

25%が70歳就業確保済

 高年齢者の雇用確保措置などについて、従業員21人以上の企業、23万2059社からの報告に基づき、令和3年6月時点での実施状況をまとめた。

 令和3年4月から努力義務とされた70歳までの就業確保措置は、全体の25.6%に当たる5万9377社が実施済みとした。大企業では17.8%、中小企業では26.2%となっている。

 措置の内訳は多い順に、「継続雇用制度の導入」が19.7%、「定年制の廃止」が4.0%、「定年の引上げ」が1.9%、「創業支援措置の導入」が0.1%。

 66歳以上まで働ける企業は、前年比4.1ポイント増加し、37.5%となった。70歳以上まで働ける企業は、同4.2ポイント増の35.7%だった。

 65歳を定年とする企業は同1.7ポイント増の20.1%。66~69歳定年は1.0%、70歳以上定年は1.7%、定年廃止は3.1%だった。

令和3年「高年齢者雇用状況等報告」の集計結果を公表します

この連載を見る:
令和4年7月25日第3362号4面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。