2013年3月配信の労働関連ニュース

2013.03.25 【労働新聞】
【追跡レポ】OKIワークウェル/障害者特例子会社の取組み 通勤困難者に在宅勤務

ネット環境を整備し スキルアップ面談も実施 沖電気工業㈱の特例子会社である㈱沖ワークウェル(東京都港区、津田貴社長)では、通勤の困難な重度障害者の在宅勤務チーム「OKIネットワーカーズ」が活躍している。全国各地で、自宅に居ながら会社貸与のパソコンを駆使してHP作成やwebシステム開発業務などをこなす。コーディネーターのサポートのもと、独自……[続きを読む]

2013.03.25 【労働新聞】
【賃金事例】カインズ/入社8年目から店長級へ 候補者に丸1年の昇格試験 最短モデル示し早期育成

 東京・大阪・名古屋圏を中心にホームセンターを展開する㈱カインズ(埼玉県本庄市、土屋裕雅社長)は、全8階層のグレード制度を採用し、最短で大卒入社8年目に店長クラスへ引き上げるキャリアパスを明示している。多様な業務を経験させて早期育成を図るとともに、幹部社員としての第一歩となるミドルマネジメント昇格試験では、教育プログラムを兼ねた取組みを1……[続きを読む]

2013.03.25 【労働新聞】
物言える仲間作りを 安衛活動で研修会 愛知労基協

 愛知労働基準協会は、安全衛生における現場力の養成をテーマに研修会を開催した=写真。トヨタ自動車㈱で長年安全活動に携わってきた古澤登氏が「元気な職場をつくる実践的安全活動」と題して講演を行ったほか、筑波大学大学院医学医療系の松崎一葉教授が「未熟型うつへの対応」を中心にメンタルヘルス対策についてアドバイスしている。 古澤氏は、「小集団活動の……[続きを読む]

2013.03.25 【労働新聞】
「賃金調整」が大幅減 25年計画で“回復傾向” 秋田労働局

 秋田労働局(坂本忠行局長)は、「平成25年雇用・賃金調整の動向に関するアンケート調査」をまとめた。25年中に賃金調整を計画している企業は15.5%で24年実績の26.7%に比べて大幅に減少していることが分かった。雇用調整も同じく減少する見込みで、「企業の労働力需要が緩やかではあるが回復傾向にある」としている。 同労働局によると、24年中……[続きを読む]

2013.03.25 【労働新聞】
監督官に虚偽陳述 実習生への不払残業で 銚子労基署が書類送検

 千葉・銚子労働基準監督署(八木直樹署長)は、中国人技能実習生に対する不払残業で調査に訪れた監督官に「残業はさせていない」などと虚偽の陳述を行ったとして食肉加工業のエパシーフーズ㈱(銚子市)と同社代表取締役を労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)、同101条(労働基準監督官の権限)違反の容疑で千葉地検八日市場支部に書類送検し……[続きを読む]

ページトップ