『イラストで学ぶリスクアセスメント』の連載記事

2019.11.26 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第205回 クレーンの玉掛け作業での災害

 令和の時代になって初の師走の声を聞き、慌ただしい今日このごろとなりました。さて、当連載では、クレーン等の玉掛け作業を複数回テーマにしましたが、今回は大型車が通行する進入路、建設工事で大型機械が作業を行う場所で不可欠な「敷鉄板の設置・撤去時の災害」をテーマにします。  玉掛け作業では「つり荷の形状と質量は多数」あり奥深いので、まず、既存の……[続きを読む]

2019.11.12 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第204回 長尺の鋼材による災害

 初冬の候、「高い山では初冠雪」を迎えます。さて、当連載では、「玉掛けを含むクレーン等」を多数回テーマにしてきましたが、玉掛けの死傷災害が最も多いので、今回は危険性の高い「長尺の鋼材の落下災害」をテーマにします。 〔鋼製鋼製鋼矢板・構造用H形鋼について〕 (1)鋼製鋼製鋼矢板(以下「鋼矢板」という)は、鋼板を冷間圧延によって成形した小形の……[続きを読む]

2019.10.29 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第203回 積載形クレーンによる災害

 今回は、移動式クレーンのうちで最も使用されている積載形トラッククレーンの災害をテーマにします。平成27年~29年の過去3年間の「クレーン等による機種別死亡災害発生状況」は、クレーンは計95人〔32人/年平均〕、移動式トラッククレーン〔*1〕は計92人〔31人/年平均〕で、移動式トラッククレーンのうち、「積載形トラッククレーンは過去3年間……[続きを読む]

2019.10.10 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第202回 回転椅子・脚輪付き踏台の災害

 今回は、事業場内で身近にある椅子・踏台など(折りたたみ椅子・脚輪付き回転椅子・踏面の狭い踏台・スプリング脚輪装備の作業台)の誤った使用方法による災害をテーマにします。 〔災害が発生した事業場の状況など〕  当該事業場は、大正時代に創業した伝統ある総本家から、1945年に分家した温泉ホテル〔*1〕で、事業内容が幅広く、バックヤード〔*2〕……[続きを読む]

2019.09.26 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第201回 鋼管の運搬作業における災害

 10月1日~7日は「全国労働衛生週間」です。当週間は1950年(昭和25年)に「全国安全週間」から分離して第1回が実施されました。当週間の目的は、事業所における自主的労働衛生管理活動を通じて「労働者の健康の保持増進と快適な職場環境の形成に寄与」することです。  全事業場の共通事項は「整理・整頓・清掃〔3S〕」〔*1〕で、具体的には事務所……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ