【イラストで学ぶリスクアセスメント】第193回 危険な接続金具使用の災害

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 紫陽花(あじさい)が日ごとに色を深める季節になりました。6月1日から30日は、「全国安全準備月間(厚労省)」です。

 今回は玉掛け用ワイヤーロープなどの連結具に使用する「シャックル(shackle)の不適正な使用方法」をテーマにします。

〔シャックルの定義と、シャックルの種類〕図(a)~(f)

 シャックルは、複数形で使用する「足かせ・手かせ」、南京錠の「U字形の掛けがね」で、束縛・拘束の意味です。クレーン作業などでは、玉掛け用ワイヤーロープ・繊維ベルトなどの連結具として多用されています。シャックルは多数の種類があり、通常使用するシャックルは、「軽量シャックル・超強力シャックル・長シャックル」の3種類で、軽量シャックル・超強力シャックルは、「ストレート型・バウ型(頭部が丸形)」があり、それぞれに「ねじシャックルと、ボルトナット止シャックル(割りピン付き)」があります。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長
中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ