【社労士が教える労災認定の境界線】第193回 人手不足に悩んでうつ病を発症し、飛び降り自殺

2015.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 Aさんは、外食チェーンを展開する会社Bが経営する喫茶店にアルバイトとして入社し、1年後に正社員として採用された。また、同時に当該喫茶店の店舗責任者に就任した。Aさんは責任者としての重圧を感じるとともに、同時期にアルバイトが相次いで退職し人手不足に悩むなど、仕事上のストレスを抱えていた。そして、正社員になってから3カ月後に自宅マンションから飛び降り自殺した。なお、Aさんは3年前の学生時代に一度うつ病の治療を受けていたことがあった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 静岡会 秋山社会保険労務士事務所 所長 秋山 登志子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月15日第2232号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ