【イラストで学ぶリスクアセスメント】第62回 正門付近での交通事故防止

2013.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 落成から40年以上を経過した多くの工場では、鉄道の駅新設・一般道のバイパス新設などで交通の便が良くなった結果、周辺に住宅が増え学校ができて、周囲の環境が変化した事業所を多く見ます。そのような工場の正門前は歩道があっても、歩道は自転車の走路となっているのが現状です。正門左側の目隠しを兼ねた高いコンクリート壁が災いして、工場から出るトラックと自転車との重大ヒヤリ・ハットを、時々目撃しますので、今回は正門付近での交通事故防止対策をテーマにします。

並列走行自転車とトラックが

〔正門付近の不安全な状態〕

 正門の左右は高さ2mのコンクリート壁で、正門は資材・原料の搬入、商品の搬出だけでなく、従業員の通勤(車・自転車・徒歩)の全てに利用され、勤務時間以外は、左側にある通用口を使用しています。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月15日第2196号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ