【事故防止 人の問題を考える】第62回 製造業の「墜落・転落」と「飛来・落下」④

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

物を落下させない方法を考える

②飛来・落下災害

 飛来・落下災害では、鉄板、パイプ、H形鋼、金属部品、金属製品、ダンボール、パレット、冷凍食品、ハンマー(破片)などが落下したり飛散したりして、それが手、足などの身体の一部に当たり、労働災害が発生しています。

 その発生状況は、(1)手に持っていたもの(持とうとしたもの)を誤って落下させる、(2)積荷、積んだパレットなどが崩れて(崩してしまい)落下する、(3)クレーン作業中につり荷が落下する、(4)作業中に破片、鉄粉、鉄くずが飛散するなど、大きく4つが挙げられます。

 このうち(1)について、その原因には、持っていたものが重いから、滑りやすいから、持ちにくいから、しっかりと持っていなかったから、持つ体勢が悪かったから、うっかりしていたからなどが挙げられます。

 また、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ