【事故防止 人の問題を考える】第61回 製造業の「墜落・転落」と「飛来・落下」③

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

トラックのあおりに作業床を設置

 前回の脚立、はしごに続き、トラック、階段、建築物・構造物からの墜落・転落災害の再発防止策を見ていきます。

【トラック】

(1)荷台上での作業

 トラック荷台からの墜落・転落災害を防止するためには、荷台上でたとえバランスを崩しても墜落・転落しないような防護措置、作業中にバランスを崩しにくいような作業床の確保などの設備対策の検討が必要です。これらについて、厚生労働省のマニュアル「荷役作業を安全に」から以下の3つの設備対策例を紹介します。

イ)あおりの上に作業床を取り付け墜落防止柵・安全ネットを併用するタイプ(写真1

 荷の上での作業、あおりの上での作業は、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ