【産業カウンセリングの現場から】第62回 メンタルヘルス対策は経営そのもの

2013.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

部下のうつ病をきっかけに

 私は、定年退職後のライフワークとして「うつ病」をはじめとする、メンタルヘルス問題に取り組んでいます。20年ほど前に地方の事業所で、事件が起きました。ある日突然に、直属の部下が「うつ病」を発症し、休職することになったのです。

 当時は、「うつ病」ってなに?という時代でした。私にも「うつ病」に関する知識はまったくありません。「うつ病」にり患した社員は、担当業務で社長賞を受賞するくらい、優秀な女性でした。彼女の担当業務は細心の注意が必要で、女性ならではのデリカシーを要求されるのですが、その任に堪えられる、心身ともにタフな社員でした。…

執筆:橋本社会保険労務士事務所 橋本 幸雄

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月15日第2200号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ