【イラストで学ぶリスクアセスメント】第200回 腰ひねり作業による災害

2019.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 9月1~30日は「全国労働衛生週間準備月間」なので、今回は「職場における腰痛予防対策」をテーマにします。腰痛は症状が重い場合、「ベッドから起き上がれず・歩行もままならず、日常生活にも大きな障害をもたらし完治が難しい〔持病になる〕」。腰痛の発生件数は増加傾向にあり、業務上疾病に占める割合が最も多い。

 腰痛予防のためには、厚労省が平成25年6月に改定した「職場における腰痛予防対策指針」に基づき、複数の具体的な対策を講ずる必要があります。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月15日第2338号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ