【イラストで学ぶリスクアセスメント】第102回 大型クローラクレーンの災害

2015.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回はつり上げ荷重3t未満のカニクレーンの災害を紹介しましたが、今回は、移動式クレーンのクローラ〔無限軌道〕クレーンの災害がテーマです。

〔クローラクレーンについて〕
 走行用のクローラ(キャタピラー:毛虫・芋虫の意)を装備した台車上にクレーン装置を搭載したもので、国内製造の主要メーカーは5社で最大800t吊です。型式分類による移動式クレーンの主な仕様は次ののとおりです。(Cr=クレーン)

急旋回で荷振れし転倒

〔クローラクレーンの仕様とつり荷〕
 ①クレーンの最大つり上げ荷重:50t×3.7m、②ブーム長さ:15.4m、③クローラ設置長さ:4.84m、④クローラ全張出し幅:4.35m、⑤つり荷質量8t、⑥ブーム長さ15.4mで作業半径14.0mの定格荷重は8t。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月1日第2237号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ