【想いはせれば】第102回 職場から消えた「思いやり」

2019.03.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶自殺の名所、福井県の東尋坊で14年間にわたってパトロールを続け、600人余りを自死から救ってきた地元の元警察副署長はいいます。「最近は、職場のパワハラで追いつめられた人が多いね。本人は『ごめんなさい』と私にいうんだ。でも、本人は悪くない。悪いのは職場の上司や、まわりにいた人たちだ。企業のエライ人たちは生き残りを口実に結果を出せ、と迫る。迫られているちょっとエラい人がいちばん弱そうな部下にガミガミ言う。まわりはちょっと手を差し出せば助けられるのにしない。みんな損得勘定で動いている。助けても見返りはないし自分の仕事で忙しい。職場から思いやり、愛が消えたね」(朝日新聞18・7・22)。…

執筆:セフテイレビュー代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ