【イラストで学ぶリスクアセスメント】第199回 鋼板の玉掛け不良による災害

2019.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「9月1日は防災の日」、8月30日~9月5日は「防災週間」です。近年は「地球温暖化により雨雲が発達しやすく」なったことが一因で、「50年に一度の雨」といった災害級の大雨が、今後も頻繁に発生することが予想されています。また、気象情報会社ウェザーニュースは、「9月の台風は本州付近に接近しやすくなる」と予測しています。エルニーニョ現象(世界各地に高温、多雨、干ばつなどをもたらす)の影響で発生から消滅までが長い「長寿台風」になる恐れもあり、進路予測に注意が必要としています。

 さて、当連載の第197回(2019年8月1日号)では、板厚の厚い「敷鉄板の玉掛けで不適正なクランプの使用よる災害」をテーマにしましたが、今回は「板厚の薄い鋼板の玉掛け不良」をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一 

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月1日第2337号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ