【イラストで学ぶリスクアセスメント】第194回 不適切な墜落制止用器具の災害

2019.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、墜落などの危険性がある場所で、「作業者の身を守る」墜落制止用器具(旧名称:安全帯)をテーマにします。

清掃中タンク内に落ちる

【災害:1】

 タンク内清掃の準備で、胴ベルト型を固定はしごの踏さんにフックを掛けて作業中、足が滑ってタンク内〔深さ5m〕に落ちて、宙づり状態のあと踏さんが破損して、タンク内に墜落(イラストA)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月15日第2332号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ