【イラストで学ぶリスクアセスメント】第89回 わく組足場の荷受け時の災害

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は5階建て(高さ18m)事務所棟の外壁補修・塗装用のわく組足場上での、仮設材荷受け時の災害をテーマにします。なお、当連載で「玉掛け作業の災害」は計7回(第44回・第41回・第33回・第32回・第30回・第29回・第26回)、「足場作業の災害」は計4回(第88回・第36回・第28回・第27回)と複数回執筆していますので、併せて参考にして下さい。

《災害発生時のわく組足場(以後、足場)の状況》

 足場の状況は、建物の外壁にL型に3層目まで組立を完了し、4層目を組み立てるために最大25t(作業半径3.5m)吊りホイールクレーン(HCr:アウトリガは最大張出し、ブーム23.5m・作業半径20m、定格荷重1.9t)で、4層目の床付き布わく(鋼製踏板)上に仮設材を吊り上げていました。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ