【イラストで学ぶリスクアセスメント】第195回 不適切なフック掛けの災害

2019.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2019年2月から、高所作業では長年使用されていた安全帯の名称が、「墜落制止用器具」に変更されました。適格な墜落制止用器具でも、フックなどを不適正な方法で使用すれば危険です。今回は、高さ2m以上の作業床で「不適正なフック掛けなどによる複数の災害」をテーマにします。

振り子状態で壁面に激突

『墜落制止用器具の選定と適正な使い方』

 ①ベルトのバックルは確実に連結、②肩ベルト・腿ベルトおよび胸ベルトは緩みがないように締める(D環の位置は肩甲骨のほぼ中央)、③胴ベルト型は腰骨のところでしっかりと締める、④胴ベルト型の場合、D環あるいは巻取り器の位置は身体の斜め後にくるように装着、⑤フックの取付け位置によって適切なランヤードを選択〔腰より高い位置にフックを掛ける作業の場合、足元にフックを掛ける方法は、落下距離が大きくなるのでお勧めできません〕、⑥ランヤードは鋭い角に触れないようにする、⑦フックはできるだけ高い位置の堅固な構造物に取り付ける、⑧ランヤードのフックは、墜落したとき振り子状態になって…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年7月1日第2333号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ