【イラストで学ぶリスクアセスメント】第72回 固定はしごの墜落災害

2014.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 M9の巨大地震とそれによる巨大津波が発生した東日本大震災(2011.3.11)から、はや3年が経ちました。

 日本列島は北海道から九州まで、「いつ、どこで大地震が発生するか」分かりません。

 「天災は防げませんが、人災は防げます。防災でなく減災です」今回は、この教訓に関連して、固定はしごで発生した墜落災害をテーマにします。

地震が発生し長時間停電に

〔固定はしごの設置状態〕

 工場内には多数の天井クレーンがあり、高さ18mのランウェイへの昇降設備として、工場の両入口側にある固定はしごを頻繁に利用しています。このため複数のはしごは、「坑内はしご道」に準じ、はしごの中間に踏だなを設置。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ