【事故防止 人の問題を考える】第72回 林業の安全を確保する(後編)―新たな規制により確実に対策が進む―

2019.10.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

〝かかり木〟処理で巻き込まれる

 前編では、伐木した木が周辺作業者に直撃した死亡災害事例を紹介しましたが、後編では伐木が伐木者自らを襲った死亡災害事例を取り上げます。

 ②伐木が伐木者自らに直撃

 伐木が伐木者自らに直撃する典型例としては、(1)伐木中、突然、幹が裂けるなどして直下の伐木者に直撃、(2)かかり木(切り倒そうとした木が他の木に引っかかったもの)処理中、かかり木などが伐木者に直撃、(3)ドラグショベルなどで立木を支えながら切断し、切断した途端、伐木が支えられていた反動で跳ね、伐木者に直撃などがあります。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年11月1日第2341号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ