【事故防止 人の問題を考える】第71回 林業の安全を確保する(前編)―自然を相手にする過酷な現場―

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

道なき道を歩き林業の現場へ

 ここ数年、林業の現場を何度か見学しましたが、他と比べ最も過酷な現場に感じました。

 というのも、現場に行くため、途中まで車で移動し、道がなくなった所で車を止め、そこからは歩きになり、急峻な茂みの中、道なき道を歩かなければなりませんでした。ある見学の時は、現場にたどり着くまでに茂みの中を20分以上歩き、途中、休憩をはさまないと、歩き続けることができない状態でした。現場にたどり着くまでに、これほどまでに労力を費やしたことは初めてで、見学前にへとへとになりました。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ