【イラストで学ぶリスクアセスメント】第71回 フォークの転倒と荷崩れ

2014.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 フォークリフトは、製造業・陸上貨物運送業・交通運輸業だけでなく、最近は建設業の大型建築現場でも使用されており、年間約30人の死亡災害が発生、永久労働不能につながる災害がその何十倍も発生しています。

 今回はフォークリフトのうち、リーチフォークとカウンターバランスフォークの共通の災害事例をテーマにします。

急旋回と荷締めなしが原因

〔災害1〕フォークの片側にフレコンバッグを吊り荷振れ状態で走行中、コーナーで急旋回したときフォークが転倒し、運転者が投げ出されて下敷きに(イラストA左)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月1日第2205号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ