【イラストで学ぶリスクアセスメント】第202回 回転椅子・脚輪付き踏台の災害

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、事業場内で身近にある椅子・踏台など(折りたたみ椅子・脚輪付き回転椅子・踏面の狭い踏台・スプリング脚輪装備の作業台)の誤った使用方法による災害をテーマにします。

〔災害が発生した事業場の状況など〕

 当該事業場は、大正時代に創業した伝統ある総本家から、1945年に分家した温泉ホテル〔*1〕で、事業内容が幅広く、バックヤード〔*2〕の作業が極めて多く、各職場の従業員の上司は総本家から移籍のベテランの長老(高齢者)が多い。また、用具は30年前のもので、老朽化したものが目立ち、近年用具の交換はしていない。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ