【イラストで学ぶリスクアセスメント】第209回 かにクレーンの災害

2020.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は近年普及が目ざましく、アウトリガーの設置形状が「かに足」を連想する小型移動式クレーンに分類される「かにクレーン〔〕」をテーマにします。

かにクレーンの転倒災害の3大原因

 ①「アウトリガーの張出しが不完全」、②「アウトリガーの設置地盤が軟弱」、③「オーバーロード(過荷重)」。

《かにクレーンの長所と短所(対策含む)》

 「長所」:①走行体はゴムクローラ(ゴム履帯)で全幅が狭く、総質量が軽量なので山間部・不整地、墓地、霊園において作業が可能、②小型の機種は、エレベーターで別階に運搬できるので、屋内でも作業が可能、…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ