【イラストで学ぶリスクアセスメント】第74回 小型水槽点検時の墜落防止

2014.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 容量1㎥~5㎥の小型水槽は飲料水だけでなく、火災発生時の初期消火の役目もあり、水槽の材料はFRP製が多く球形・円筒形・角形の形状があります。小型水槽の多くは屋上の骨組みした鋼材の上に設置されていますが、昇降設備の不備不良と水槽の上部に手すりがないことなどにより墜落災害が多数発生しています。

 今回は、事務棟などの屋上にある5㎥の円筒形水槽の点検作業時における災害をテーマにします。なお、容量5㎥~10㎥の中型水槽は、エレベーターの巻き上げ機室などの堅固な塔屋上に設置していることが多いようです。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月15日第2208号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ