【想いはせれば】第74回 笑えない「手遅れ先生」

2018.01.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶映画やテレビでよく見る江戸時代の名医「赤ひげ先生」は、名医のうえに正義感や責任感が強く、また腕っ節が強くて人情家。貧乏人からは治療代を取らないなど、皆に慕われる名医でした。

 一方、当時の医者は現在のような国家資格などはなく、誰でも医者の看板を掲げることが可能で、薮(やぶ)医者も多かったようでした。

 薮医者とは、適切な診療能力や治療能力を持たない医者の俗称・蔑称であり、ヘボ医者、ダメ医者などといわれたりしていました。薮医者の語源には諸説あって、薮は見通しが悪い、病気の見通しができない医者だから、医院の裏の薮から薬草を摘んできて処方するから、薮(田舎)の医者は怪しい呪術で病気を治療するから、などがあります。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ