【イラストで学ぶリスクアセスメント】第204回 長尺の鋼材による災害

2019.11.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 初冬の候、「高い山では初冠雪」を迎えます。さて、当連載では、「玉掛けを含むクレーン等」を多数回テーマにしてきましたが、玉掛けの死傷災害が最も多いので、今回は危険性の高い「長尺の鋼材の落下災害」をテーマにします。

〔鋼製鋼製鋼矢板・構造用H形鋼について〕

(1)鋼製鋼製鋼矢板(以下「鋼矢板」という)は、鋼板を冷間圧延によって成形した小形の簡易鋼矢板(トレンチシートパイル)と、熱間圧延の大形鋼矢板(シートパイル)・大径鋼管の両側面に継手を設けた鋼管矢板に分類される。

(2)H形鋼は、断面がH形〔他に山形・Ⅰ形・T形・溝形〕をした圧延鋼材で、フランジの厚みがウェブの厚みより大きい構造用H形鋼と、フランジの厚みとウェブの厚みの等しい基礎杭用H形鋼(パイル)とがある。

荷ぶれして作業者に激突

 長さ10mの構造用H形鋼(広幅系列)とⅣ型鋼矢板を、工場内の加工場から集積場に移動。なお、H形鋼4段はあらかじめ縦型クランプで縦置き、鋼矢板はあらかじめハッカーで5段重ねにして置いた。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年11月15日第2342号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ