【建設業の労働災害事例】第204回 鉄骨柱に昇り玉外し作業中に柱が倒れ地面に激突する

2014.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.SRC造地上1階建て体育館の建築工事において、鉄骨建方を請負っていた3次下請の鳶工が、当日、鉄骨柱(H鋼、30cm×20cm、高さ12m)の建方作業中に被災したものである。

 作業は、同社の職長、被災者、同僚の3名とクレーン作業を請負っていた3次下請のトラッククレーンオペレーターの4名で行っていた。

2.午後3時30分頃、クレーンにより3本目の鉄骨柱が運ばれ、被災者と同僚はアンカーボルトに差し込み、被災者は柱の傾きを見て、同僚が仮締めを行い調整していたが、柱は東側に傾いたまま直らなかった。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年8月1日第2215号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ