【建設業の労働災害事例】第218回 倉庫から資材を搬出中、外部足場から墜落する

2015.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.自社敷地内に、あらたに資材を置くための鉄骨造3階建(高さ3.8m)の倉庫が自社の作業員により建築中であった。

 発生時、建築中の倉庫は屋根、壁の一部を残していたが、倉庫内には、既に資材等が置かれていた。

2.発生当日の午後、被災者と同僚の2名で、他の現場で使用する耐火物の作成を行うこととなった。材料となる耐火材(1袋25kg)は、建築中の倉庫の2階床に保管されており、これを地上に降ろし、耐火物を製造する工場に運搬して作業をする予定であった。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年7月1日第2237号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ