【社労士が教える労災認定の境界線】第218回 美容師アシスタントが皮脂欠乏性湿疹を発症

2016.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 某美容院に美容師のアシスタントとして勤務するAは、主に洗髪業務に従事していた。指に切り傷のようなあかぎれができ、乾燥して痛みや痒みを伴い、腕は赤く腫れ上がり、症状がひどくなったため、皮膚科を受診したところ、「皮脂欠乏性湿疹」(以下、本件疾病)と診断された。

 Aは、本件疾病は業務上の事由によるものであるとして、労災請求をしたが、労働基準監督署長は、本件疾病は業務上の事由によるものとは認められないとして、不支給の処分を行った。Aは、この処分を不服として、審査請求を行った。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 兵庫会 パール社労士オフィス 所長 藤本 佳子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月1日第2257号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ