【裁判例が語る安全衛生最新事情】第218回 種広商店事件 製造機械の挟まれ災害で5割過失 福岡地裁平成25年11月13日判決

2015.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 原告Xは、被告Y1社の従業員であり、被告Y2はその唯一の取締役である。Y1社は、菓子種製造販売を目的とする有限会社である。Xは、平成21年10月中旬にY1社に採用され、最中の皮の製造作業を主たる業務として採用された。ところが、Xは、平成21年11月28日に、半自動最中焼成機を使用して最中皮の焼成作業に従事していた際、同機の熱せられた金型に左手の親指を挟まれ、同指に火傷を負うなどの障害を受けた。

 Xは、Y1とY2を被告として、Y1に対しては主位的に安全配慮義務違反の不法行為、予備的に安全配慮義務違反の債務不履行責任、Y2に対しては、不法行為または会社法429条1項による取締役の第三者責任を主張して、損害賠償請求訴訟を提起した。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月1日第2227号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ