【建設業の労働災害事例】第221回 硫黄凝縮器の管内を清掃中ガス中毒になる

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.工事は、精油所内の設備の定期点検工事で、被災事業場は、3次下請として、作業員4名が、10日程度の予定で、石油関連施設の各種管、タンク等のジェット洗浄業務を担当していた。

2.発生当日、作業箇所が2箇所のため、2名一組として作業にかかった。被災者の担当は、硫黄凝縮器の洗浄で、1ヶ月前に施設管理者が水素ガス及び空気を入れ燃焼させ、液体硫黄が流出しないことを確認後、再度空気量を増やして燃焼させ亜硫酸ガス濃度0.5%未満になったのを確認した。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ