【建設業の労働災害事例】第254回 居眠り運転で路外に逸脱する

2018.10.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1. 工事内容は、寺院本堂の新築工事で、災害は、休日あけの月曜日に登別市にある会社から士幌町の工事現場に向かう途中で発生したものである。

2. 災害当日午前8時に会社で朝礼を行った後、被災者A運転で同僚3名を乗せて、会社所有のバンで工事現場に向かった。

3. 工事現場までの運行経路は、会社から登別室蘭ICで道央自動車道に乗り、日高自動車道に入って冨川ICで自動車道を降り、国道237号を日高町まで行き日勝峠を経由して士幌町の工事現場まで行く予定であった。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年10月15日第2316号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ