【ぶれい考】優秀な新入社員の育て方/後藤 郁子

2012.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 もうすぐ大学3年生の就職活動がスタートする。学生も正念場だが、人事担当にとってもより良き学生を採用するための正念場。これからの数カ月間はかなり大変な時期が続くことだろう。

 現在、企業の求める学生像は、1位がコミュニケーション力、2位がチャレンジ精神、そして主体性と行動力へと続くという(NikkeiWeb2012・7・15「話せる学生企業は求める~新卒イメージ調査」の記事より)。

 どんな困難な時でも周りと協力しながら、自らの力で困難を切り開く人材が求められているというわけだ。…

筆者:㈱トウキョウブランディングシーメディア 代表取締役 後藤 郁子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月26日第2898号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ