【ぶれい考】目標とする社会人/後藤 郁子

2012.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 よく新卒の面接で「あなたの目標とする人は誰ですか」という質問がされる。しかし、30歳を過ぎたあたりから、誰にもその質問をされなくなる。かくいう私がそうであった。人は聞かれなくなると妙に寂しいもので、自分の目標とすべき人は誰なのかと、この頃から考えるようになった。

 そして、私の目標は“父”と定まった。社会人としての父を超えること、父のビジネス界での評価を超える社会人になることが、私の社会人としての最終目標である。しかし、これがなかなか実現できない。…

筆者:㈱トウキョウブランディングシーメディア 代表取締役 後藤 郁子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月25日第2878号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ