【ぶれい考】見えない呪縛/山本 和代

2018.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「性的少数者は生産性がない」などという寄稿、また女性というだけで試験の点数が違うという驚くべき事実。少数者に対する差別、性差別…この国は、こんなにも差別であふれているのかと思う。差別意識は誰にもあると聞いたことがある。自分に潜む偏見の存在にどれだけ気付けるかということか。

 さて、今年の夏はひどく暑かった。連合が毎年行っている平和行動で訪れた広島・長崎ももちろん暑かった。しかし、祈りに包まれた街で、平和について、戦争について、命について、たくさんのことを考え続け、…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年10月22日第3181号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ