【ぶれい考】女性活躍推進に取り組もう/八代 充史

2017.06.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 以前、人事担当者が女性の活用について研究した。最終報告会でフロアーから質問が出た。「で、女性を活用するメリット、デメリットは、何ですか?」顔を見合わせる受講生たち、気まずい雰囲気、結局誰も答えられない。株主に女性を活用しなければいけないと突き上げられるが「それってドーヨ」で始まったこの研究、最後まで居酒屋トークの域を出ることはなかったようだ。…

筆者:慶應義塾大学 商学部教授 八代 充史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年6月12日第3116号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ