【ぶれい考】「牧歌的なチーム」の終焉/守島 基博

2019.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「チーム」という言葉を聞いたとき、どういう光景を思い浮かべるだろうか?仲の良いメンバーが情報共有し、助け合いながら、協力して業務を進める集団といったところが大方のイメージだろう。「一致団結」や「連帯」といった言葉を思い浮かべる人も多いかもしれない。これまでチームといえば、比較的同質の、専門分野が大きく異ならない、年齢構成も一定の秩序のあるメンバーで構成されていることが多かった。話す言語も日本語だった。

 また目標や求められる成果も革新的なものではなく、新しいことといっても、過去からの改善や改良が求められるぐらいだった。このように同質性が高く、一定の秩序のあるチームであれば、目標の共有や連帯の確立はそれほど難しくなかったし、求められる成果もそのなかで自然に達成されてきた。

 だが、現在企業経営でよくみられるチームは、これとは異なる。…

筆者:学習院大学 副学長・経済学部経営学科 教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年8月5日第3219号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ