【ぶれい考】定年後の“ホーム”を設立/橋本 久美子

2020.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 9年前に「正雄舎」という名前の子会社を作った。先代社長の父が亡くなった年に、父の名前から命名した派遣会社だ。吉村を60歳で定年退職すると希望者は正雄舎に移籍して、吉村の元の部署に派遣される。

 それまで、定年後は嘱託社員として雇用していた。自分が育てた年下の社員が上司になる。「昔話をしたら、今は時代が違うっていわれたんだよ。何もできないところから育ててやったのになあ」とぼやかれた。逆に年上の部下を持つ課長さんからは「やりにくい」とこぼされる。…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年8月31日第3270号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ