【ぶれい考】出産理由の退職者ゼロ/橋本 久美子

2020.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本茶を主とする包装資材の企画製造販売をする中小企業の社長に就任して14年になる。

 社員数は232人だ。決して「約」とはいわない。一人ひとりの社員の名前が言えて書けることに誇りがある。中小企業だが、顔のみえるサイズだからこそできることだ。大企業がやりたがらない、人と人を紡ぐようなワクワクする仕事を実現させたい。

 男女雇用機会均等法施行前に父の経営する会社で働き、結婚で姓が変わると電話口のお客様は途端に厳しい口調になった。「ああ、娘の立場だから守られていたのだ」と実感した。この時の体験が社員を想う時の原点になっている。

 ITの助けのない時代、専業主婦として大阪で子を育て、社宅生活もした。

 14年前、ペットボトルの茶系飲料とコーヒーの人気に押され、…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年1月27日第3242号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ