【ぶれい考】理念は飾りものじゃない/橋本 久美子

2020.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 吉村には、いたるところに経営理念がある。始まりは、新設した「エスプリ」加工課の課長昇格プレゼンだった。課長候補のⅠさんは、「いつも経営計画発表会で橋本さんが経営理念を熱く語っているのがプレゼンだと思って、私も理念を考えてきました」と、加工課の理念を語り始めた。

 デジタル印刷で何度も世界一を受賞している印刷課や、納期を決める最終工程の製袋課に比べて、加工課は印刷原反を貼り合わせて検査して巻き返すめだたないポジションだった。…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年6月22日第3262号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ